たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

銀行預金の意味

この低金利時代、銀行預金をする意味ってあるのでしょうか。もちろん、口座は必要だと思います。給与振込みも銀行だし、そもそも預金口座を持ってない人って社会的信用に繋がりますよね。

 

ただ、「お金を貯める」という意味ではもはや価値はゼロでしょう。防犯上の意味でお金を保管する、AMTで現金をおろすために預金する。その程度ですよね。

 

一昔前は、「お金を貯金する」ことと、「お金を増やす」ことを同義で考えても問題なかったと思います。利率が良かったですから。だからいまだにうちの父親なんかも、「給与天引きで積み立て預金、定期預金しておけ!」ってしょっちゅう言うんですよね。

 

いまや銀行預金の利率なんて0.00001・・・ん?ゼロの桁間違えた?もうどうでもいい。

 

もう銀行預金でお金を増やすことなんか不可能でしょう。これだけ利率が低いにもかかわらず、働いて給料をもらって、住宅ローンという借金を返し、普段の生活費を引いて余ったをお金を積立貯金・・・

 

ちゃんと考えないと厳しいですよ本当に。たとえ月5万貯めても10年で600万しか貯金できないよ!本当に増えないよ!

 

もうね、投資しかないですよ。ながーーい目で見たら配当金もらえるだけでもプラスになりますって!暴落しても、ながーーい目で見たらそのうち回復するって!

 

Again, 投資しかないですよ!

 

たぴお

 

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ