たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

爆損のGEからの配当金&アップル急上昇

絶賛爆損中のGEより嬉しい嬉しい配当金をいただきました。

 

8.63$

 

1,000円ぐらい?子供のお小遣いですね。そりゃ保有している株数が少ないから当然ですね。対して保有していないにも関わらず、この爆損具合よ(笑)

 

f:id:btapio:20180505205119p:plain

 

この配当金では損失を取り戻すのに何年かかるやら…。下落率で見るとぶっちぎりのNo.1ですね。保有株数が大したことないので、ダメージはほとんどありませんが。まあ、これは米国株の配当金が貯まって損してもいいと思って買った銘柄ですから、文句はないです。そして売る気もないです。このままGEとともに生きる所存です。

 

 

www.btapio.net

 

バフェットがアップル株を大量買い増し

 

さて、そんな米国株ですが、あの有名な投資家ウォーレンバフェットさんがアップル株を買い増ししていたというニュースが流れ、アップルが噴きました。購入以来含み損だったのが、一気に含み益に。それにしても80歳を超えてまだ株式市場にここまで影響を与えられるバフェットはすごいですね。バフェットが売ると決めたIBMは下がっているし、買い増ししたアップルは急上昇するのですから。

アップル製品は生活必需品なのか

N数が少なくて大変申し訳ありませんが、私の妻、友人みなiPhoneを使用しています。格安モバイルにしてもなおiPhoneを使用しています。格安モバイルで基本料金を節約しようとしているのに、本体が10万円近くするiPhoneを使用しています。

 

なんで?

 

妻や友人曰く、一度使い始めるとアプリとか操作性から離れられなくなるそうです。かく言う私も会社から与えられている携帯はiPhoneでした。確かに、私が持っているExperiaに比べたら、操作反応性が全然違います。Experiaで操作していると、意図していないところをクリックしていることが多々ありますが、iPhoneでは全くそれがありません。ポチッとおしたらピタッと開きたいページが開くという感覚ですね。そして動作も早い。

 

これに慣れていたら他のスマホは相当ストレスになると思います。結果的に、一度iPhoneを使い始めたら買い替えの度にiPhoneを選択してしまうのでしょう。

 

ただし、この優位性は洗剤や歯磨き粉みたいなもののそれとは違って、対抗品が出てきたりスマートフォン時代が終わり次世代機器が出た場合に継続できるかどうかは不明ですよね。もちろんそんなことわかったうえでバフェットさんも巨額投資をしていると思うので、アップル社には今後も継続して魅力的な製品を作り続けていける底力があるのだろうと考えているのでしょうね。

 

少額ながら、株主になっていてよかったと感じました。ただ、買い増す勇気はあんまないです。

 

たぴお

↓お手数ですがクリックしていただけたら嬉しいです

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村