たぴおの株式投資日記 時々 英語

30代サラリーマン投資初心者が、株式投資をしながらのんびり資産管理をしています。時々英語について綴っています (英検1級 TOEIC950程度)

休職期間を経て仕事を開始しました

 

 

4月18日に前職の最終出勤日を終了し、夢の有給消化を経て5月7日より新しい会社での勤務が始まりました。

 

【関連記事】

 

www.btapio.net

 

 

www.btapio.net

 

 

www.btapio.net

 

有休消化中は沖縄に旅行したり、育児に奮闘したりとなかなか普段できていないことを満喫させていただきました。特に沖縄旅行が最高でした。

 

携帯、メールを一切気にせず生きているということ

天気にこそ恵まれませんでしたが、リゾートホテルで仕事のことを本気で忘れて、しかも閑散期に旅行に行けたことは本当に良かったです。あれがほんとの「リフレッシュ」ってやつだなと感じました。今まで有休組み合わせていっても、半分繁忙期だし有休中は携帯持ち歩いているし、どこか仕事のことが気になっていたんですよね。

 

皆さんはどうですか。私は前職のときは、常に携帯電話が気になっていました。外資なので夜中でもメールが来ますし(自分には関係ない英文のスローガン的なやつですが)、おまけに携帯の音は消せてもバイブが切れないよう設定されていたため静かに震える会社が嫌でした。

 

4月18日最終出社日に、会社のPCと携帯電話を置いて社を出たとき爽快感はすごかった。さみしいかな?後悔あるかな?とか色々予想していましたが、そんな気は全く起こらず、すがすがしい気分でした。

 

Back to the reality

さて、今秋より仕事開始です。現実に戻されました。さっそくPC、iPhone、iPadを渡され、紛失しないよう署名させられ、バンバン届くe-mailに埋もれています。そして今度も外資なので、夜中にスローガンが届きます。外資ってほんとスローガン好きよね。

 

有休消化という特権階級待遇が終わり、また果てしない仕事の始まりです。働くのは嫌いではないのですけどね、なんだかいつまで続くのかなと思うと、疲れますよね。特に私も30代半ば。健康で好きなものを食べて好きに生きれるのはそんなに長くはないはず。

 

今後どうしていくのか

 

まずは働きます(当然だ)。だってまだ配当金で食べていくなんてとてもじゃねーけど無理ですし。ただ入社して以来、研修にて毎日浴びせられる「成長」という言葉に新人の時のようなトキメキが無くなっていることは事実です。年を取ることで不感症になってきたのか、投資本を読みすぎて労働者と資本家みたいなことを意識しすぎているのか。

 

労働者であることを脱するために色々するのは大事ですが、現状労働者であることを受け入れて、その責務を全うする必要があるんですよね。今の私は一番中途半端だということでしょう。

 

結論

 

四の五の言わず働け労働者!

 

 たぴお

 ↓お手数ですがクリックいただけたら嬉しいです 


にほんブログ村