投資家たぴおの株と英語のブログ

外資企業に勤める30代半ばのサラリーマン。現在株式資産4000万程度。英語学習で自身が経験、苦労したことなども綴っています(英検1級、TOEIC 950点)

2018年8月現在 なぜ私がお金持ちになれていないのか

f:id:btapio:20180811150410j:plain

不動産、株式、FX、仮想通貨など、投資をされている方は程度の差こそあれ皆さんお金持ちになりたいという願望があってされているのではないでしょうか。私は間違いなくそうです。できれば投資が生み出す利益で生活していきたいと感じています。

 

ですが現実はまだまだ投資だけで生活できるレベルには至っていません。それどころかその夢の生活には届きそうにない現実を痛感しています。

 

なぜ私はお金持ちではないのか

いくら持っていれば金持ちなのかという定義はないかもしれません。1億円、10億円という人もいれば100億、1000億という人もいるでしょう。それがいくらかはそれぞれが考えればいいとして、私は5億円ぐらいあればお金持ち、大富豪と呼んでもいいのではないかと思っています。

 

さて、なぜ私はその5億円の資産を有するのお金持ちではないのでしょうか。アホかと言われそうですが真剣に考えてみると「お金持ちになるために必要な物事を私が実現しなかったから」というのが結論です。

 

お金持ちになるために必要なこと

お金持ちになるためには大雑把に言うと下記のような物事が必要です。私はそれを満たせていません。あ、これ投資指南とかそんなんじゃないですよ。

 

  • 親から莫大な遺産を受け継ぐ
  • ビジネスで成功して何億もの収入がある
  • 投資で成功して巨額のリターンを得る

 

私は親から一般的な家庭より多めに分けてもらっているとは思いますが、何億もの資産を受け継ぐことが決まっている大富豪の家には生まれませんでした。

 

ビジネスに関してはチャンスは誰にでも平等に与えられており、ゼロから一代でビジネスを成功させて大富豪に上り詰めた方は古今東西たくさんいらっしゃいます。ただ私はそういうことが出来ていません。普通のサラリーマンなので何億もの年収があるわけでもありません。このまま行っても年収1000万ちょっとが限界でしょう。

 

最後に投資という世界、これだけは違います。

 

ここは私にもチャンスがあったはずだ。

もっと早く投資をすることはできなかったのか?

自分がお金持ちになれていない現実を考えたとき、遺産、ビジネスの才が期待できなくても、投資することでお金持ちになるチャンスが私には間違いなくありました。下記は自問自答です。

 

f:id:btapio:20180816144701j:plain

 

問「今でこそ資産の大部分を株式投資に向けているが、お前はもっと早く、例えば10年前にでも行動することが出来なかったのか?」

 

答「その頃は投資なんて他人事だったし、貰って好きなように使った後に残ったお金を貯金しているだけだった」

 

問「父親から生前贈与で株式を分けてもらって、株が持つ力は理解していたのではないか」

 

答「父からは武田薬品工業の株を貰っている。考えたら父親は愚直に40年以上武田薬品の株を買い増し、持ち続けており、その累計配当金だけで相当な額になっているはず」

 

問「なぜそんな父親の姿を見て、お前も真似しようとは思わなんだ」

 

答「なんも考えていなかった…」

 

問「お前が働き始めた2010年、お前が属していた米国企業は優良株にも指定されている銘柄だ。就職活動の説明会でそんなことも聞いただろう。何でそこの企業に投資しなかった」

 

答「米国株とかよくわからんし…日本人だから日本企業の株の方が興味あるし」

 

問「そのくせ外資で働きたいとか意味わからんぞ!あの時からしっかり積み立てて投資していたら、配当金も加味したら10倍近くになっているぞ!お前が今投資している金額が4000万円。種銭はあったわけだろ」

 

答「種銭はありました…何も考えずに1000万円単位で銀行に放置していました」

 

馬鹿者!お前にも何億という金を手にするチャンスは訪れていた!

 

お金持ちではないのは自己責任です

私の場合です。他の方、世の中のことは分かりません。当時の私はお金のことを考えることから逃げていましたし、日々楽しくやっていれば収入もそれなりにあるし楽しいからいいやと思っていました。あのタイミングでしっかりとお金と向き合い、勉強していれば相当違った結果になっていたでしょう。

 

ですので2018年8月、現段階で既に大富豪になるチャンス(種銭+機会)があったにもかかわらず、私はそれを掴むことはできませんでした。タラレバかもしれませんが、私がお金持ちではない理由は、私がお金持ちになるために必要な物事を私が実現しなかった自己責任です。

 

あ、別に卑屈になっているわけではありませんよ(笑)今からでも頑張ってお金持ちになるために進んでいきます。

 

たぴお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

学資保険は元本割れしないのか

f:id:btapio:20180811150410j:plain

子供が生まれたら学資保険に加入。これ常識になっていませんか。私ももし株式投資を始めていなかったら、何の疑いも持たずに加入していたと思います。「子供が出来たんだ、親の責任として学資保険を…」と。

 

否定的な意見を書きますが、我が家も妻名義ではありますが300万円の学資保険に加入しています。これは妻のお金なので私は口出ししていません。18年後に約10%上乗せされて満期を迎える予定です。

 

妻が妊娠中に加入したのでギリギリまだ利率がよかったのですが、今は利率が改定されてさらに安くなりましたね。18年寝かせても103%ぐらい?…気になる方はざざっと検索してみてください。

 

18年後に受け取れる元本103%に価値はあるのか

学資保険は元本割れしないから投資が嫌いな日本人には安心ですね。株や不動産投資みたいに日々価値が増減するわけではないので、18年積み立てれば保険屋が潰れない限り確実に何%かの上乗せ金とともに元金が戻ってきます。

 

お金は物価の上昇により相対的に価値が下がるので、現在の100万円と18年後の100万円では価値が違うから実質的にマイナスだ!というような意見がよくあります。まあ、そういう難しい話はとりあえず置いてシンプルに考えましょう。

 

満期300万円の学資保険に加入して、たとえば今から18年後も全く物価が変わらず、世の中の技術進歩も無かったとします。まあ何も変化なく18年経ったと仮定しましょうよ。

 

・・・309万円になって嬉しいか?

 

そりゃ2~3年でそれぐらいの利子が付くならお小遣いが貰える感覚でいいでしょうが、18年間ですよ。私の人生の約半分です。それだけお金を預けて、たった3%ですよ。もはや面倒くさい手続きをする分、手間賃でマイナスじゃないのか。

 

 長期間お金を拘束される上に、途中解約のデメリット

 

学資保険て途中で解約したらものすごい金額差っ引かれるでしょ。当然のように皆さんそこは受け入れていますが、それはいいんですか。

 

毎月積み立てて払い込んだお金は18年後まで人質にされているわけですよ。払っても払っても18年間は自分のものにはならないものに、毎月節約してせっせと払い続ける。それで18年後にようやくたった数パーセントだけ乗せて返してもらう…

 

これどこに魅力あるねん!!

 

妻の学資保険加入時に担当の営業さんが「払っている途中に万が一亡くなれば、払い込まなくても満期額相当が貰えるので安心です」とおっしゃっていました。まあ、保険ですからそうでしょうね。しかし学資保険を「自分がもし死んだら…」という理由で加入している人は少ないでしょう。

 

既に払い込んだ分は戻ってこないので、満期までの残金が浮くだけです。大した金額じゃない。

 

増やす目的ならS&P500を買いましょう

今の利率で学資保険なんか存在価値ないですよ。それなら18年間、上がっても下がっても株価を気にしないということにして長期で米国S&P500に投資したほうがほうが絶対いいです。

 

株式投資は元本割れが怖い?いや、今積み立てている学資保険、途中解約したらとてつもなく損するでしょう。それ、言い換えれば今現在の価値で考えれば元本割れしているようなものですよ!

 

と言いつつ、冒頭でも書きましたが我が家も妻名義で300万円の学資保険に加入していますよ。すでに一括で支払っています。18年後が楽しみですね。

 

たぴお

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村

ABCから英検1級までの道のり①

f:id:btapio:20180808145009j:plain

 

今まで英語について色々書いておりますが、私の英語学習歴みたいなものを綴ります。何か思い出したり、やっぱこれも書きたいなーと思ったら今後追記、修正するかもしれません。

 

ちなみに私の現在の英語力は英検1級合格、TOEIC 950 点前後。でもTOEICはここ何年か受けていないので、今受けたら920点ぐらいに下がるかもしれません。800点台にはさすがに落ちないでしょうけど。

 

試験だけではなかなか英語力というのは測りにくいですが、私はバイリンガルではないのでイメージとしては、ネイティブと何の条件もなく会話すると8対2でネイティブが話している程度の力です。決して無口だとかそういう理由ではなく、私の英語力が追い付いていないために話したいことを英語で説明することが出来ないからです。

 

英語初心者というより全く知識がない状態

私は小学中学校と不登校で高校にも入学していないので、義務教育で英語を全く勉強しておりません。17歳の時に大検(現高等学校卒業程度認定試験)にパスしておりますが、今はどうか分かりませんが当時は大検て英語が必修では無かったので、その時点でも英語は勉強していません。

 

ではどこかで勉強していたのか…というと、本当にしていませんでした(笑)親が英語に関する何かをしていたということも全くありません。普通のサラリーマン家庭です。さすがに不登校でもABC~Zぐらいは書けましたが、筆記体とかも18歳になるまで書けませんでした。

 

このことに関しては特に後悔も何もありません。義務教育を受けていたからと言って英語が話せるようにはなっていなかったでしょうから、誤差の範囲です。

 

英語学習を始めたきっかけ

私が英語学習を始めたのは大検にパスした後の18歳頃からです。今から十数年前ですが、何の目的も無くただ「英語が話せたらかっこいいな~」という浅はかな気持ちを抱いていました。「海外に出たい!」とか、「将来は英語を使って仕事を!」とかそんな崇高な気持ちじゃないですよ(笑)不登校から大検をパスしたばかりの内気な若者です。そこまで考えちゃいません。

 

本を読むことが嫌いではなかったので、とりあえず大型書店に行って英会話参考書を買って帰るはずが、当時その書店の語学コーナーに陣取っていた英会話教室の勧誘に見事にひっかかることになります。無知って怖い。

 

振り返って思い出せば「受験英語は意味がない」、「文法やっても意味がない」など、今であれば色々と議論したいことが山ほどあるような勧誘でしたが、当時の私は初めて触れる英語の世界の説明にわくわくし、即日通学することを決意してしまいます。その決意を何の否定もせずに、40万円ぐらいのお金を一括でポンと出してくれた両親には感謝です。私も自分の子供には同じことをしてあげるつもりです。

 

今思えば超英語初心者の私を若干(かなり)強引な勧誘にて即日その気にさせてくれた担当者には本当に感謝しています。残念ながらその英会話学校は数年後に倒産してしまったのでどこで何をしているかは分かりませんが、あの担当者には直接会ってお礼を言いたいぐらいです。

 

美人なお姉さんだったけど今はもうそれなりの年齢だろうな(笑)

 

 英会話学校で最低レベルからのスタート

f:id:btapio:20180808145818j:plain

 

英会話学校入会前のテストにて、義務教育すら受けていない私は当然の最低レベルからのスタートです。というよりABC書けるだけのレベルなんだから計測テストする意味がないよね(笑)一番下はおじいちゃんおばあちゃんが多いクラスでしたが、基礎的な学力は有していても会話が全くできない若い人もちらほらと属していました。

 

通い始めて数年で潰れてしまいましたがこの英会話学校のスタイルが少し変わっていて、2時間を1単元として、前半1時間は日本人講師(主にバイリンガル)、後半1時間はネイティブスピーカーが全く同じ内容を実施するというものでした。これ、今思っても結構合理的だと思います。

 

人件費は高くつきますが、私のような初心者にいきなりネイティブが来られても、ワクワクソワソワはするでしょうが実際は何を言っているか全くわからず終わってしまいます。 でもはじめの1時間で日本人講師が日本語で説明しながら、会話の練習なども含めて実施します。バイリンガルの先生ばかりだったので発音とかも指導できます。

 

そもそもこの人たちだけでいいんじゃないか?と何度か思いましたが、やはり外国人講師は見栄え上も必要ですよね。

 

1時間目で疑問点などもしっかり確認しておけば、次にネイティブ講師が来た時も話していることがすごくよく分かりますし、アタフタして分かったフリをする必要もありません。当然ビギナーなので分からないことが出てくればその場では質問する英語力はありませんが、そこは次回のコマで日本人講師に確認することで解決できます。

 

専門学校生かと言うぐらい通い詰めた時期

本来その英会話学校は仕事や学業をしながら通う人がほとんどなので、皆さん週1~2回程度のペースで通っていました。1回2時間のコマなので、通っている人の1回当たりにかかる負荷もそれなりに高いです。

 

大検受かったばかりで大学にも行っていない私はとにかく暇を持て余しているわけです。やり始めると没頭するタイプなので毎日1~2コマ、予習復習なども含めると一日中勉強していました。当時は英語を勉強することが楽しいと思えましたし、私は英語を学んだことが無かったので妙な「苦手意識」もありませんでした。だってやったことないんだもの(笑)

 

どのような勉強法かというより、目の前にあるものを全てこなしていたという感じですね。分からないことや納得できないことは、自分が人に説明できるぐらいに理解するまで誰かに聞いていました。これは私の性格的なところもあります。今でも英語以外のことで似たようなことよくやっていますから。

 

特に他にすることもなく、ひたすら1年間そのペースで通い続け、最低ランクだったクラスもすぐに中級者レベルに上げてもらいました。1年経ったころに英語学校の職員から、一度レベルチェックのためにTOEICを受けてみたら?と言われたので、TOEICって何ぞや…とその時初めて当時世間で流行っていたテストの名前を知ったのです。本当に視野が狭いというか、1年間没頭していたくせに世間で話題になっているテストの名前すら知らないなんて。

ABCからスタートして1年でTOEIC750点

f:id:btapio:20180808150319j:plain

 

特に試験対策もせず、ぶっつけで挑んだ初の公式TOEICは750点でした。英会話学校に毎日通い続けるABCしか書けなかった10代の男は結構話題になっていたので、点数を伝えたときは皆さんびっくりしていたし、本当に喜んでくれました。私を強引に勧誘したきれいなお姉さんもわざわざ会いに来てくれて、「まさかこんなに上達するとは思わなかったよ。私の点数抜きそうじゃん!」て言ってくれました。

 

あんた、絶対上達しますって勧誘したやんか…

 

心の中で苦笑いしながらも、「俺って天才じゃね?」と調子に乗った瞬間でした。

 

ここまでの1年間で基礎の基礎、本当に基礎の部分が分かったという程度ですね。たった1年でTOEIC750点なら、次の1年で…と妄想しておりましたが、語学学習はそんな甘いものじゃ無かったです。ここからが長い長い闘いでした。

 

続く…

 

たぴお

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

とりあえずシャンプーやめてみた

f:id:btapio:20180807110439j:plain

 

急な話ですが、投資とも関係ないことですが、一か月ほど前にシャンプーすることをやめてみました。

 

ちょっ、汚っ!

 

って思った方、ちゃんと毎日洗ってるってば。私は10代前半より朝晩のシャワーを欠かしたことが無いぐらいアンチべた付き体質です。環境に悪いのは分かっていても自身のQOLのためにこれだけは「夫婦間の譲れないリスト」に入っています(そんなもの無いけど)

 

結婚前後のときに相手の家に宿泊するときに結構緊張しました。妻の実家で朝シャワーはなかなかやりづらいですよね。でもはじめが肝心。この「夫婦間の譲れないリスト」(無いよ)を貫くために、初めて妻の実家に泊まった次の日の朝からガンガンシャワーしています。今となっては向こうから朝にタオルを準備してくれるようになっています。

 

シャンプー使用をやめて石鹸で頭を洗い始めた理由

前置きが長くなりましたが、一か月前にシャンプーを使うことをやめて、石鹸で頭を洗っています。朝晩ちゃんと洗ってるよ!我が家の愛用品は牛乳石鹸青。もう10年以上使っています。食べられるぐらい大好きです。

他の石鹸て大体香料がきついんですよね。貰いものとかでいろんなやつ使ったりしますが、やっぱり牛乳石鹸は手触りといい香りといい、どぎつくないのがいいです。

 

さて、シャンプーをやめて石鹸で頭を洗い始めた理由ですが…面倒だからです。それだけです。節約とかではないですよ(笑)身体を石鹸で洗って、シャンプーを手に取ってとかいちいちめんどくさいんですよね。

 

身体も顔も頭も全部牛乳石鹸で洗ったら分かりやすいじゃないですか!そもそも皮膚の繋がりの境目もよくわからないのに顔と身体で洗顔フォームなるものがあるのも良くわからん。首はよくて顔はダメなのか。耳は身体のカテゴリーなのか顔のカテゴリーなのか。

 

ちなみにリンスなるものも10年以上使っていません。10代のころは一生懸命リンスをつけて何分か経ってから洗い流すみたいなことをしていましたが、もはやそんなもの遠い昔にやめています。

 

シャンプーをやめて気付いたこと

シャンプーを使わず牛乳石鹸で頭を洗い始めたとき、初回は髪の毛がバシバシになって絡まるんじゃないかと思いました。油分が全部抜けていくような感覚。やっぱりシャンプーは必要か~と思っていましたが、「いや、バシバシになって何が悪い?」と開き直って使い続けてみました。考えたらドライヤーも10年以上使っていないのに、別に今更髪の毛を労わっても仕方ないだろうと。

 

数日使い始めたところ変化が見られました。洗い終わってバシバシして引っかかっていたのが、シャンプーで洗った時とさほど変わらない艶やかな仕上がりになったのです(※個人の感想です)。

 

艶やかは言い過ぎですね。まぁ、普通の仕上がりです。

 

でも何で?髪の毛って順応するのかな。皮膚ならまだ生きてるような気がするので、虐げられて強くなったという可能性もあるんですが、髪の毛が石鹸に慣れるというのがよくわからない。

 

今後は全身丸洗い可

f:id:btapio:20180807113335j:plain

試してみて一か月、何の問題もありません。妻にも特に頭皮が臭いとかそんなことは言われていません(興味が無いだけかもしれませんが)。ふけが出るとか痒いとかそんなのも全くありません。

 

気まぐれでやめてみましたが、これは本当にいい決断でした。これで私の身体は全身牛乳石鹸で丸洗いすることに順応いたしました。

 

しつこいですが節約のためにやっているのではないですよ(笑)どちらにせよ妻がどこかから取り寄せたやつがフルセットで置いてあるので、風呂場からシャンプーが消えるわけではありませんし。

最後に

石鹸で丸洗いしたら頭皮がかぶれたとか禿げたとか、そんなことになったら怖いのでマネはしないでくださいね!私は禿げたら禿げたで坊主にすればいいと思っていて、髪の毛を労わる気があまりないので実施しているので。

今回はシャンプーをやめてみた話ですが、本当は他にもやめてみたいこともあるんですよね。試してみて上手く行ったらまた書きます。

 

たぴお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

資産状況 2018年7月

2018年7月 4000万円の停滞を抜け上昇中

 

f:id:btapio:20180806114819p:plain

 

米国株が全体的に調子がいいこと、鳴かず飛ばずだったP&Gがようやく上向いてきたこともあり、先月比で300万円ほど資産が増えています。もちろん追加購入した分もあるんですけどね。

 

ここまで資産が大きくなってくると、下落も上昇ももはや月給で貰っている手取りなんか関係ないぐらいの振れ幅です。朝起きたら数十万円増減しているなんかざらですからね。投資を始めたころだったらメンタルがもたなかっただろうな。最近は良くも悪くも不感症で、20万~30万程度の変動だと何も感じなくなりました。私の場合銘柄整理もベテラン投資家のように整理ができていないので、そのあたりもあるのかもしれません。現状把握できていないというか。

 

本来なら銘柄を絞ってしっかり追いかけないといけないのでしょうが、私はそこまで詳しく勉強していないので、これぐらいの緩い感覚で投資をしているのが心地いいです。

 

 2018年7月の新規購入

個別銘柄は買わずに前職から得た退職金の残りでS&P500を買い付けました。150万円ほど退職金があったのですが、6月と7月で2回に分けてVOOを購入しています。一か月だけの時間分散だけど、大した違いはなかったな(笑)まあ、これは結果論です。

 

www.btapio.net

 

 7月の配当金

 7月は特に大きな配当金収入はありませんでした。それでももらえるお金は少しでも嬉しいものです。 

【米国株】

 

VOO $186.76
MO $155.65
GE $8.65

 

GEはもう完全に死に株になっていますが、今更売っても大した金額ではないので放置します。MOが配当金が高いので、ドル建ての配当金が溜まったらそのお金で買い増ししようかと考えています。タ規制とか税金とか新たなニュースで乱高下しやすいですが、私の周りを見ていても喫煙者は少々のことではやめれないと思うので、まだまだ利益を出していくでしょう。

 

 今後の投資スケジュール

 

現在投資余剰金は460万円とドル建てが少々。今月も給料日前後に買い増しをしようと思います。先ほど書いた通りMOを買いたいのですが、手持ちのドル建て資産を使うか、今月はとりあえず円で購入するかですね。凡そ月50万円程度投入していくつもりです。どこかのブロガーと同じですね。あ、彼は100万に増額したんだっけ。

 

月100万なんか普通のサラリーマンに用意できる金額じゃないです。50万円のペースも正直無理ですが。 

 

たぴお


にほんブログ村

英語が話せない英語教師

f:id:btapio:20180731104627j:plain

 

新聞記事で読みましたが、中学英語教師の7割以上ががTOEIC700点未満の実力だそうです。ちょっと低いですよね。いや、ちょっとどころではないか。私が中学生だったころはTOEICって無かったし(あってもこんなに有名ではなかった)、当時の英語の先生がどれぐらいの実力だったかはよくわかりません。とにかく気さくで英語の歌とか歌っていて、何となく英語の授業は好きでした。彼女はどれぐらいだったんでしょうね。

TOEIC700点では人に教えるには低すぎる

TOEICの点数だけでは計れないこともあるでしょうが、過去記事でも書きましたが700点なんてあまり英語が分かっていない状態です。もちろん人にものを教えるということは単にその教科の知識だけではなく、人間性とか生徒のモチベーションを上げるのがうまいとか、いろんな要素が加味されるので一概に全ての先生がダメだとは思いません。実際私の中学の時の英語教師は生徒のモチベーションを上げるのは上手かったと思います。私は勉強しませんでしたが(笑)

 

でもね、TOEIC700点が取れないというのはさすがに”英語教師”としてはちょっと物足りないですよ。

 

www.btapio.net

 

毎日英語を教えることで自身の知識もつくし、アウトプットもしているはずだから少しずつでも能力は上がっていくと思うんですけどね。新任の先生ならまだしも。カリキュラムに沿ってただひたすらマニュアルを読んでテストで●×つけて…というルーチン作業を繰り返しているということになるのでしょうか。そうなると授業を受けている子供たちがかわいそうですよね。それが英語の世界だと思ってしまうと。

 

700点ぐらい英語を生業としているなら取りましょう

ビジネスに少し英語を使う機会があるぐらいの人であれば、自分が不自由していなければそれで問題ないでしょう。出来る範囲でやればいいのです。でも人に教える、ましてや未来のある子供たちを育てる責務があるわけですから、少しは自分も勉強する必要がありますね。

 

正直700点ぐらい、試験対策をしっかりして基礎的なところを固めれば1年もあれば余裕で取れるはずです。いや、曲がりなりにも英語教師なわけですから半年もあればできるでしょう。

  • リスニングパートの空き時間で可能な限りリーディングに手を付ける(重要)
  • 分からない問題は躊躇せず捨てて必ず最終問題までやりきる
  • リーディングの穴埋め問題は選択肢を見て何を問われているか先に判断する
  • 単語の穴埋めは単語を知らなければ解けないので悩まない

簡単な試験対策として上記四件上げましたが、これを実施しても700点取れないぐらいであれば、英語教師として事態は深刻だと受け止めたほうがいいですね。

 

TOEICや英検を足切りにして英語教師を入れ替えとかは雇用の問題でさすがに難しいでしょうから、職の保証は仕方ないとしてその代わりにもうちょっと勉強する必要がありますよね。あ、保証されているから逆に勉強せんのかな…。

 

民間の英語学校なら即倒産ですよ。「講師はみんな日本人。英語はほとんど出来ませんが、脈々と受け継がれたマニュアルをもとに授業を展開しております」

 

…誰が行きますかこんな学校。

 

日本の英語教育は大丈夫か

こんな状態だから親も義務教育で行われている英語には過度に期待せず、民間で習わせるのが当たり前になっているのでしょうね。過去に受験英語について書き、義務教育を経ても英語が喋れないのは時間が足りないだけだと書きましたがカリキュラムはよくても教師の質が伴っていないのかもしれませんね。

 

www.btapio.net

 

私が中学英語教師なら必死で勉強しますけど…。だってそれがメインの仕事ですよ?

 

たぴお

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

友人が高配当銘柄投資に目覚めたようです

f:id:btapio:20180730115637j:plain

私の数少ない友人(ほんとに少ない)で前職の同僚がいるのですが、彼も結構資金を株に投資しています。ただ彼の場合、バイオベンチャーであったりカジノ銘柄などに大きく資産をつぎ込んでおり、「株で一発当てて自分で店でもやりたい!」という気持ちがあるようです。

私とは少々違う方向ですが株について語り合える数少ない人材なので、私が退職した後も定期的に連絡を取り合っています(正確には定期的どころか毎日LINE50通ぐらいやりとりしている…中学生か)

 

カジノ銘柄、バイオベンチャーでことごとく玉砕

彼の場合、ネットなどで情報収集して日本でカジノができる!iPS細胞が医療現場で臨床応用される!などなど、その都度紹介される関連銘柄に色々投資しているようです。聞いたところお金を数える機械を扱っている銘柄に500万円ぐらい投資し、早速値下がりして200万円ぐらい含み損を抱えているそうな。一部上場企業で業績も悪くないので倒産の心配はないらしいけど、配当金も1%無いぐらいなのでやってられないということです。それにしてもいきなり1銘柄に500万て、行動力すごすぎる。

 

バイオベンチャーにも何銘柄か手を出して、とあるところはいきなりストップ高を連発して興奮したが、1週間もしないうちに元に戻ったそうです。そして気が付いたらまた含み損。バイオベンチャーは当たればデカいでしょうが、乱高下が激しいですよね。ストップ高が続いたら続いたで、もしかしたら大金持ちになるかも!と欲が出てきて売れなくなりそう。

 

そもそもこの手の銘柄はプロも注目しているでしょうし、一般人に情報が降りてくるまでには大体勝負がついていることが多いでしょう。少々ネットを人より多くみているからと言って、プロよりも早く情報を仕入れて買い仕込むことは至難の業です。ただ現在も誰も注目していないバイオベンチャー株も持っているらしいので、そこはもしかしたらいきなり化けるかもしれませんね。

 

行きついた先は高配当銘柄

さて、そんな彼ですがつい昨日、「高配当銘柄ってさ、持ってるだけで結構配当金出るやん…これカジノ銘柄とか清算してとりあえず500万ぐらい持っておけばそれなりに安定した資産になるんじゃないの?」とつぶやいていました。

 

私「だから何回も言ってるやん!!!」

 

過去に何度も何度も同じ話を伝えましたし、長期投資に関するブログについても紹介してきました。やっぱり人って経験して聞く気にならないと全く頭に残っていないということですね。営業で相手のニーズが無いのにひたすら自社品の特徴ばかり話すなと言われますが、まさにそんな感じです。

 

王道JT株を選択

週末に色々調べた結果、彼が選んだのは高配当銘柄の王道JTでした。いい選択してるやん!しかも本日の寄り付きで200万円ほど購入したそうです。決断力ありすぎる(笑)JTは日本株の中でも結構増配しているし、現在の配当率は4.5%ぐらいあります。今後電子プルームテックも日本で勢いを増す可能性ありますし、いいんじゃないでしょうか。

 

一発当てることを目標に何年か投資を続けてきた友人でしたが、残念ながらなかなかうまく当てることができずにまずは資産として安定した高配当銘柄を保有することを選んだようです。ただし、私と違うのはまだまだ諦めたわけではなくビットコインやAmazon株のように、急激に爆発して億万長者になる可能性を秘めたチャンスはどこかにあって、それは今後も誰かが手にする!と言っていました。

 

おっしゃる通りです。宝くじと感覚は似ているかもしれませんが、やっぱり元金が100倍、200倍に跳ね上がって一気に大金持ちになれるって夢がありますよね。私が保有している銘柄は大型ディフェンシブ株ばかりなので、今更数年で100倍になることはないでしょう。

 

若干の感覚の違いはあれど、投資スタイルは様々で当然です。彼とはこれからも情報交換(ライン50通/日)をしていきたいです。

 

たぴお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村