たぴおの株式投資日記 時々 英語

主に米国株投資に関する日記です。時々英語について綴っています(英検1級 TOEIC950程度)

英語:英検は実用性のない試験か

 英検は無駄なのか

ソース画像を表示

英検は受験英語の延長で実用性がないという人もおり、現在ではTOEICのほうが圧倒的に人気がありますね。特にビジネスにおいてはTOEIC中心で英語力が見られているイメージがあります。実際私の会社も社員のプロファイル記入欄に英語力を書く項目がありますが、TOEIC 〇〇点と埋め込み式になっています。

 

確かにTOEICは速い処理能力が求められてひたすら問題をこなしていく必要があり、それを「実力」と取るならいい試験かもしれません。ビジネスにおいては熟読することよりも大雑把にでもいいから多くの情報を素早く理解する力も問われるでしょうし。

 

 TOEICは英語の総合力は測れない

  

www.btapio.net

 

過去のブログでも書きましたが、言語を実用化しようと思えばPassive Knowledgeだけではだめです。TOEICはPassive Knowledgeで解ける問題ばかりで構成されていますので、この試験で高得点を取っただけでは足りない要素が多いです。もちろん、高得点を取るためにはそれなりの能力が問われるので一定の実力はついていますが、それでも試験内容には偏りがあります。TOEIC900点台を取っていても話す、書くのが苦手な人もいるのはそのためです。

 

その点、英検には一次試験に長文読解だけではなく、Writingも存在するので基礎的な英語力が備わっていないと太刀打ちできません。しかもこのWritingがそこそこのレベルで文章が構築できないと全然点数が取れないので、実際ここをパスするためにはある程度能動的に文章が作れなければいけません。

 

あ、これは全部英検1級の話です。準1級以下はそこまで難しくないです。

 

英検は一次試験の難易度に比べると二次試験のSpeakingの難易度が若干低いところは否めませんが、それでもそれなりに話せないと受かりようがありません。英検にはReading, Writing, Listning, Speakingすべての試験がそれなりにバランスよく組み込まれているので、どれかが極端に欠けた状態で受かることはまず無いでしょう。

 

英検の問題点

 

私が思う英検の問題点といえば、単語の穴埋めパートでしょう。

 

あれは…本当に実用性が無いと思います。マニアックな単語が出すぎです。語彙力が高いことは英語を扱う上で武器になりますし、知っていて損する単語など1語も無いのですが、他パートとのバランスがおかしいのです。

 

そんな単語まで網羅している程の英語力があるとしたら、長文やWritingの問題が易しすぎます。ましてやSpeakingなんかお遊びレベルでしょう。結局英検合格のために単語帳をひたすら丸暗記という、地味な作業が必要になります。もちろん、それで得た語彙力はどこかでは生かせるでしょうが、バランスは悪いです。

 

最後に

  

上記の部分を除けば、英検は洗練されたいい試験だと思います。実用性が無いなんて冗談でしょう。そういうこと言っている人はおそらく英語をまともに勉強していない人だと思いますよ。試しに一度真剣に英検1級目指してみてください。TOEICで900点取るより、英検1級を取るほうがよほどバランスよく実力が伸びていくことを実感できると思いますよ。

 

私はもう…二度と受けたくありませんが(笑)というか偉そうなこと書きながら次受けて受かる自信ないです。

 

 たぴお 

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村