たぴおの株式投資日記 時々 英語

主に米国株投資に関する日記です。時々英語について綴っています(英検1級 TOEIC950程度)

マンションギャラリーに行って来ました

 

マンションギャラリー体験

「部屋の明かりがまばらな高層マンション部屋の明かりがまばらな高層マンション」のフリー写真素材を拡大 

先日暇つぶしに妻と二人で近場にあるマンションギャラリーに行って来ました。私たち夫婦は今のところ賃貸派ですし、現在会社から社宅扱いにて補助が出ているので買うつもりはありませんでしたが、ちょっと見学に。ちょうど家の近くにあるんですよね。というか東京ってほんとニョキニョキとマンションが生えてきますね。

 

 

www.btapio.net

 

ハイグレード分譲マンション

 

私は学生の頃からずっと賃貸マンションに住んでいるのですが、やはりハイグレード分譲マンションはすごいですね。確かに魅力ある。

 

私たちが見学していたマンションは、最低価格が5500万から上は1億4000万。さすがに1億4000万は手が届きませんが、5000~6000万は何とか手が届く範囲ではあります。(ローン組めばもう少しいけるかな?)

 

絶対買う気は無いと思ってたのですが、こんな家に住めたらいいな…と思ってしまいました。夫婦ともに完全なる不覚です(笑)妻が私と同じ賃貸派でよかった。これが持ち家派なら切実な目で私を眺めて来ていただろうと容易に想像がつきます。

 

部屋をなかなか見せてくれない

 

 

見学に行って一つ感じたことが、一番興味があるモデルルームに全然案内してくれないんですよね。まずは基本事項聞かれて(年収とか理想の家とか)、その後このマンションの設備、エントランス、保育園が併設予定だとか近隣に何があるとかそんな話ばかり。いや、部屋見せてよ!

 

なんだかんだで1時間以上そんなことで捕まった後に、ようやくモデルルームに案内してもらえました。確かに設備はすごい。一流ホテルのようなエントランス、フィットネスルーム、ミーティングルーム、保育園併設などなど、いろんなものがつく予定だそうです。

 

ただ、気になったこと。

 

部屋狭っ!

 

5000万とか6000万とかするのに、50㎡とかそんなもんです。億越えの部屋ですら80㎡とかでした。東京ってホントすごいね…。そこでようやく理解しましたが、前半にひたすら設備の豪華さを訴えていたのは、初めから部屋を見せたのでは狭すぎて萎えるからでしょうね。

 

まずは豪華なエントランスや設備の話をして、頭の中を新生活のイメージできらきらさせといてから部屋を見せないと(そしてその部屋もかなりおしゃれにコーディネートされている)、「あの…狭くないですか?」と言われてしまうんじゃないか。特に我々のように地方から出てきた人間にとっては。

 

完全にターゲット化 

 

営業の人がわれわれを完全にターゲットしているのが伝わりました。そりゃ30代半ばで共働き、子供が1歳半ときたら、完全に購入意欲は高いと思われますわな。

 

「30代半ばなので、ぎりぎり35年ローンを組める歳です!出来るだけ急いだほうがいいですよ。歴史的な低金利ですし、もし転勤になったらこの立地なら借り手はすぐつきます。投資物件としても優良です!」

 

うんうん。予想通りの営業文句でしたね。そう思うならあなたが投資目的でローン組んで買いなさいと。

 

35年ローンの怖さ

 

 

出会ったばかりの人に35年ローンをよく勧められるものだと思いますね。35年てものすごーーーく長いですよ。簡単に言うと私が生まれてから今日までぐらいの年月ですよ。

 

ちゃんとそのあたりを計算して購入を決めている人はいいですけど、設備がいいからとかそんなのでローン組んだ人って大丈夫なんでしょうか。35年の年月はその街の様子とか人々の生活とか、はたまた国の在り方とか色んな変化が起こるのに十分な期間ですよね。

 

考えたら35年前って初代ファミコンが出たぐらいの時代じゃないですか。携帯電話は?インターネットは?今の生活から考えたら相当生活は変わりましたね。次の35年でいったいどんな進化があるかも分からないのに、やっぱり私は気軽には大きなローンは組めないな。

 

しかし…それにしても…高級マンションはいいですね(笑)

 

たぴお


にほんブログ村