投資家たぴおの株と英語のブログ

外資企業に勤める30代半ばのサラリーマン。現在株式資産4000万程度。英語学習で自身が経験、苦労したことなども綴っています(英検1級、TOEIC 950点)

英語:中級者におススメの一冊

f:id:btapio:20180808145818j:plain

 英文法学習

 

英語学習をはじめて少し経ち、何となく英語で会話出来るような気がしてきた方におススメなのは''文法''のお勉強です。

 

「いやいや!日本人は高校と大学で英文法を中心に学んでいるし、必要なのは英会話だろ!」という声が聞こえてきそうですが、実際はまだまだ知識が穴あきだらけなことが多いです。別に受験英語が悪いわけではなく、学んでいる時間が足りないだけです。

 

 

www.btapio.net

 

ロングセラーの一冊

 

 

この参考書は英語のルールを英語で書いているので、日本語で読むよりイメージがつきやすいです。日本語で難解に解説されているものより、図解なども交えて説明されているので、すんなりと頭に入ってきます。今日から英語を始める人には退屈なのと全文章が英語なので全くおススメしませんが、何となく会話が出来るようになってきて、少し自信がついてきた方におススメします。

 

もしこの参考書を読んで、説明文自体が理解できない、あまりしっくりこないというのであれば、まだ基礎的な英語力が足りていないのでもう少し後回しでいいです。絶対後ほど役に立つので、捨てずに持っておきましょう。必ず「おおっ?!」って思う日が来ます。

 

知っているようで穴あきだらけだった文法知識が、読み進めていくうちにどんどん埋まっていくのが実感できると思います。英語を勉強したての初心者がつまずくところがスッキリ理解できるので、人に説明したくなりますよ(笑)

 

文法学習は避けられない

ある程度言語を学習していこうと思えば、文法学習は避けて通れません。日本人は英文法ばかりやっていて会話が出来ないというイメージが英会話学校によって刷り込まれていますが、文法をやらずして言語が理解できるわけがありません。

 

単語+Pleaseで旅行中のやり取りをするだけなら文法なんか必要ありませんし、お金がすべてを解決してくれますが、英語を話す、書くってなったら絶対に必要です。

 

「文法」「ルール」「SVOC的なもの」、言い方は何でもいいですが、第二言語として理解するためにはその言語の仕組みを理解するほうが早いです。触れているうちに感覚で理解できるようになるなんて幻想ですよ。

 

www.btapio.net

 

まとめ

Essential Grammar in Useは第二言語として英語を学ぶ人たちに分かりやすく丁寧に書いている良書です。ちゃんと勉強したい人には本当にオススメです。

 

やはり文法を学ぶのは非常に根気がいる作業なのは事実です。しかし、ここを一度でもクリアしておかないといつまでも「何とか伝わる」レベルから脱せません。

 

何度でも繰り返しますが、大人になってから第二言語として言語を学ぶ場合、文法学習は避けて通れません。諦めてどこかで一回勉強してください!

 

英語学習は長期戦です。焦らなくてもいいので、1週間に1~2ページでも読み込んでみてはいかがでしょうか。読み終わった後に、理解が深まったことを実感できますよ。

 

たぴお

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村