投資家たぴおの株と英語のブログ

外資企業に勤める30代半ばのサラリーマン。現在株式資産4000万程度。英語学習で自身が経験、苦労したことなども綴っています(英検1級、TOEIC 950点)

深く考えずに株を買うという行為

f:id:btapio:20180730115637j:plain

 

2018年の流れとしては、給料日の前後に50万円分程度の米国株を買い増しし続けていました。毎月の給料から生活費(結構節約している)を差し引いた分や、ボーナスのほぼ全額、配当金を全て投資余剰資金として楽天銀行口座に置いています。

 

楽天銀行は楽天証券と紐づけてマネーブリッジを申し込むと、0.1%の金利が得らえるので一応給与口座の新生銀行よりは利率が高いのもあって、出来るだけ楽天銀行に置くようにしています。まあ、0.01も0.1も誤差みたいなもんだけどね…。

 

米国株の買い増し

さて、今年に入って月50万円程度のペースで買っているのですが、どういうわけかなかなか楽天銀行の残高が減りません。そこまでの高給取りではないので、途中転職してその退職金が入ったのも大きいかな。

 

www.btapio.net

 

投資しているとね…無駄遣い減りますよ。お金がすごくもったいなく感じてくる。この2ヶ月ぐらいで投資余剰金が500万円を超えそうだったので、ちょっと減らしたいこともあり追加で購入してみました。

 

いつもは色々悩んで、他の人のブログなども見て、知識が無いながらも色々調べてから購入するのですが、今回はその行為をやめてみました。

 

とりあえず、買いたいもの買ってみよ

 

f:id:btapio:20180822132526p:plain

 

f:id:btapio:20180822132619p:plain

 

アップルは約定しましたがまだ受け渡しが済んでいないんですね。ばらばらの画像でごめんなさい(笑) はてなブログって写真とか使いにくくない?と思うことがありますが、この辺は技術の問題ですよね。

 

今回はVisaを新規購入と、アップルを買い増ししました。合わせて150万円分ぐらいですね。Visaって配当金少ないですが、超長期的に続く右肩上がりの成長と、この築き上げたブランドの牙城が崩れることはそう簡単にはないと思っていて、前から欲しいと思っていたんですよね。

 

購入理由を深く考えずに買うということ

よい子は絶対にまねしたらダメですよ。自分も妻子がいる身でこんなことしていていいのかと時折思います。でもこういう買い方もありなんじゃない?と思って、思い立った瞬間に買いました。

 

例えばAさんとBさんがいたとします。

 

Aさん:あれこれ悩み、調べ、これだ!と思う銘柄をタイミングを図って買った

Bさん:「とりあえずお金が溜まったし株でも買うか、最近よさそうなのどれ?」と近所の魚河岸で旬の魚を選ぶかの如く買った

 

この両者の買うタイミングと枚数が同じだった場合、その後の結果に差は出ませんよね。もちろん、「悩んだAさんと適当なBさんが同じタイミングで同じ銘柄を買うわけはない!」という反論が出るかもしれませんが、米国株投資家ブログ界隈は結局みんなアップルとかVisaとかコカ・コーラとか買ってるわけやん。一緒やん?

 

と、ちょっとひねくれた感覚で購入しました。

 

最後に

今回はそんな感じで購入しましたが、毎回はダメですよ(笑)いくら何でもサラリーマンにとって150万円は大金です。今晩の食卓に出す魚を選ぶのとはわけが違いますからね。

 

先月、先々月のVOO購入といい、この2か月で買いすぎているので来月はお休みしようかな。と言いつつまた欲求が出てくるかもしれませんが…。いずれ痛い目にあいそうですね。

 

たぴお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村