投資家たぴおの株と英語のブログ

外資企業に勤める30代半ばのサラリーマン。現在株式資産4000万程度。英語学習で自身が経験、苦労したことなども綴っています(英検1級、TOEIC 950点)

資産状況 2018年10月

2018年10月 5000万円の道のりは遠い

f:id:btapio:20181108140734p:plain

 

2018年10月末の資産額を記入しようと思いましたが、転勤辞令により色々と忙しく全くなんも出来ていませんでした。仕事を言い訳にプライベートを削るのは本当によくないですね。もはや11月も中旬に差し掛かろうかという頃ではございますが、現在の資産状況です。

 

9月末が¥49,308,136でしたので、少し下落です。10月末は日米株ともに大きく下落中だったので、実際この頃は200万円ぐらい少なかったかな。保有額が大きくなると振れ幅もすごいです。

 

今回の下落では売り買いゼロでした。いつの間にか相場が回復しようとしてきているので、このまま順調に推移していくことを願います。今現金200万円ぐらいだからここで思いっきり暴落食らうと追加投資出来ないんですよ(涙)

 

下落時の対応をどうするか

先日の急落で冷や汗をかいた人もいるのではないでしょうか。私の仲のいい同僚も最近米国株を始めたばかりで、マイクロソフトとVisaとモンゴDBを主力に買っているのですが、下落がすごすぎて口座ログインが嫌だと嘆いていました(笑)米国株ブログ村を読みふけっている方々はそうでもなかったでしょうが、株を始めたばかりの人だと株の時代は終わった!どこまで下落するかわからない!と思いますよね。

 

一旦売って他の銘柄買おうかなと騒いでいたので、売買は自己責任だけど慌てて行動すると市場の養分にされるだけだよと伝えていました。結果的に彼は保有することを選び、何とかここ数日で息を吹き返しているようです。でもこれは結果論で、あのまま下がり続けていたら「あの時たぴおに余計な事を言われたから売り損ねた!」ってなるかもしれないので、あまり人の投資に口出すのは控えたほうがよさそうですね。

 

2018年10月新規購入

無し

 

久々の購入なしです。ここ最近本当に強気で買ってしまっていたので(ほとんど失敗(笑))、先月は大人しくしていました。市場が急落する中、VOOを50万円だけでも買おうか・・・と思いましたが、ちょっと現金少なすぎるので温存しました。やはり下落時に待ってました!と出動できるぐらいの蓄えは必要ですね。

 

 10月の配当金

 

アルトリア $177.88

コカ・コーラ

$279.72

GE $8.63

 

 

アルトリア(MO)とコカ・コーラは安定していますね。これくらいの金額を四半期毎にもたらしてくれるのはありがたいです。最近株価もそれなりに上昇しているし、現状のパフォーマンスに満足です。

 

それにしてもゼネラルエレクトリック(笑)もはやネタかというぐらい下がりますね。そしてこのなけなしの配当金も今後はほぼゼロになるそうな。含み損は55%に達しています。もはや評価額が10万円程度なので、上がろうが下がろうがどっちでもいいレベルです。この銘柄に関しては個別株の怖さ、難平買いの危険性を教えてくれました(難平買いしてませんよ)。ダメなものは追いかけてもだめだということですね。

 

さいごに

辞令により関西に急遽引っ越すことになり、改めてサラリーマンというのは会社に人生を捧げているのだなと感じています。もちろん家賃補助もありそれなりの部屋に低価格で住めているので、見返りもあるのは事実です。しかし、身体の元気なうちに人生を楽しむために、ある程度で辞めたいなという気持ちが強くなりました。

 

そのためにも、お金を貯めます。今日の蓄えがリタイアを少しずつ早めてくれると意識して。

 

たぴお


にほんブログ村