投資家たぴおの株と英語のブログ

外資企業に勤める30代半ばのサラリーマン。現在株式資産4000万程度。英語学習で自身が経験、苦労したことなども綴っています(英検1級、TOEIC 950点)

年間配当金160万円を貰うということについて

f:id:btapio:20190122141205j:plain

 

2018年の年間配当金取得金額は約160万円でした(税引き後)。米ドルでの配当金取得が増えてきたので為替の影響も受けますが、おおよそこんなもんでしょう。

 

足りない!足りないよ!全然生活できないよ!

 

夢は配当金で生活して、それでも手元にお金が残って残金を再投資する…ということなのですが、現状まったく届きません。現状資産の8割近くを株式投資に充てているので、リスキーな方だと思います。それでこの配当金ですから…税引き後500万とか1000万とかになるのは生きてる間は無理か?と思えてしまいます。

 

連続増配企業については複利で配当金が増えていくので、ある瞬間から水が零れ落ちるようになるかもしれませんが、そのころにはもはやヨボヨボかもね。

 

視点を変えて、プラスαとして捉える

現在30代半ば(いや、もはやアラフォーか)で年収が900万程度です。とうとう先日妻が育休を終えて正式に退社して扶養に入ったため、これから一馬力の生活に突入です。さて、30代半ばで900万の年収ってどうでしょう。高いといえば高いし低いと言えば低いです。一馬力で家族を支えるには大した金額じゃない。

 

正直それなりに使っていたら月々数万円の貯金がいいところですよ。実際私の周りでも同じぐらいかそれ以上貰っていてもボーナスで毎月の赤字を補填している人いますからね。

 

さて、もはや配当金生活は遠い未来の夢だとして、単純に現状の収入(可処分所得は700万ぐらいかな)に年間160万円追加で貰えると考えたらどうでしょう…。

 

めっちゃありがたいやん!

 

サラリーマン+配当金は素晴らしい

私のように自分でビジネスを起こす力も気力も無い場合、雇われの労働者になるしかありません。そして月~金+土曜日出勤(今結構多い…)で時間を提供し、賃金を貰うわけです。配当金も年間10万とかなら実感ないでしょうが、160万円となってくるとそれなりの威力を発揮します。

 

一応今の年収で十分に家族を養えるし、余った分を投資に回せています。万が一給与で貰った分全部使ったとしても160万円は貯金or投資に回せるわけです。年間160万円貯金しようと思うと、月々13万円ぐらい積み立てないといけないわけだから、結構負担でしょう。

 

それか、現状の収入で生活をやりくりしてちゃんと貯金も出来るように設計し、年間160万円はパーッと使うとか。160万あったらビジネスクラスで年間2回は海外旅行行けますよね。そうやって考えていくとささやかながらリッチな気分になれます(ショボいな)

次の目標は年間200万円

もはや40歳の超早期リタイアについては諦め始めています。あと数年しかないし…。私は困窮しながら配当金で生活したいわけではないし、その趣味に家族を巻き込むわけにはいきません。仕事はしんどいですがそこまで苦じゃないし、これで年間900万貰えるなら悪くないと思っています。

 

そうなると給与収入+配当金でどんどん資産を増やしていくしかありません。給与収入はどれだけ増えるかわかりませんが、配当金は今後も増えていきます。市場の浮き沈みもあるでしょうが、継続して投資し続けていきます。どこかでびっくりするほどのカーブを描き始めると信じて。

 

たぴお