投資家たぴおの株と英語のブログ

外資企業に勤める30代半ばのサラリーマン。現在株式資産4000万程度。英語学習で自身が経験、苦労したことなども綴っています(英検1級、TOEIC 950点)

社畜マインドからなかなか抜け出せない自分がいる

f:id:btapio:20190129153111j:plain

新しい会社に転職し、急な転勤にて関西に引っ越し約1か月が経ちました。今の年収に十分満足していますし、これ以上高まらなくてもいいとも思い始めています。それより自分の時間、家族とのを大切にしたいと。今の仕事や生活が嫌だとかもありませんし、愚痴りたいことは相当少ないです。非常に恵まれた環境だと思います。

 

身体が勝手にそわそわして仕事に出向く

社会人になってもうすぐ10年になろうとしていますが、やはりそんな簡単に自分の中での’’働き方改革’’はできていないようです。もう出世したいとも思っていないし、年収を上げたいとも思っていないのに、朝6時に起きて7時過ぎには会社に出向き、大体営業所で1番から2番に出勤している自分がいることに気づきます。

 

そうすることが偉いとも思ってないし、やることが多いわけではありません。どう考えてもうちの会社はホワイトな部類に入ります。むしろやることが少ないので、出勤直後の独りの時間に大体会社でやらなければならないことが終わってしまうので朝9時頃みんなが出勤したころには既に暇なんですよ(笑) 仕事中毒なんですよね、これって。自分の上司が意味もなく会社に朝早く来てたら嫌だと思うわ。

 

誰のためにしているというわけでもなく、自分が決めた行動(バーというべきか)を下げることにすごい抵抗感があって、一度やり始めたらそれを止めると自分が怠惰な人間になってしまっている気がして心地よくないんですね。

 

そして朝9時頃になると新人とか中途採用(私も中途なんですが…)の人たちが事務的なことで分からないことを順番に聞いてくるので、暇なので教えています。所長からは「たぴお君がいると本当に助かるよ」と言ってもらえますが、これは一体なんなのだと。

 

完全に社畜ではないか。

 

アーリーリタイアできるのか

金銭的な問題もさることながら、こんな仕事中毒な生活をしているくせに超アーリーリタイア(目標は45歳)なんか掲げているわけです。私みたいな性格の人間は1週間で無職生活に耐えられなくなるでしょうか。

 

身体に染みついた労働者体質、社畜体質はそう簡単に抜けそうもありません。ブログ村で既にリタイア生活を送っている方々のブログを読みつつ、自分にはまだ金銭的な面でも性格的な面でもその域には達していないなと痛感致します。私はリタイアするためのスキルが未熟すぎます。

 

結構レベル高いよ…リタイアするっていうのは。

 

たぴお

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村